小型ムービーカメラ

小型ムービーカメラ

小型ムービーカメラ

このページは「水中カメラで面白写真を取るコツ 」の情報コンテンツです。
小型ムービーカメラ > 水中カメラで面白写真を取るコツ

豆知識

水中カメラで面白写真を取るコツ

カメラって知れば知るほど奥が深いものですが、趣味でダイビングをしたり透き通る様な海のある海外への旅行の際など思い出に残るその瞬間を写真に収めるべく水中写真を撮ってみませんか?

ケースを使って今すぐ水中撮影

ダイバーが使うような本気の水中カメラはなかなか手がでないものです。確かにそういったカメラであれば水深数十メートルでも水中でカメラが使えますが、陸上で使うことに適していないため一般向きではありませんね。。そこで、既に一眼レフのカメラやデジカメをお持ちの場合はケースを使うことをお勧めします。ウォータープルーフケース、防水ケースとして販売されていますが、機種専用ケースというのがいくつかでているため、もしお手持ちのカメラに使えるようであれば専用ケースの利用をお勧めします。

ケースに入れて水中で使おうとすると、どうしてもカメラをケース越しに使うことになる為使い勝手は少し悪くなりますが、専用ケースはそのカメラの為に作られている為、比較的使いやすくなっています。素材は厚手のビニールやプラスチックですが、カメラ本体は普段使っているカメラのため、陸上でも水中でもどちらでも使えて便利ですね。

露出をマスターしよう

水中で写真撮影するためのカメラやケースなど機材が揃ったらいざ撮影へ!もし、少しでもキレイな写真や面白い写真を撮りたいと考えているならカメラのオート機能ではなく自分で露出・露光を合わせることをお勧めします。というのも、カメラが自動で露出を調整した場合、目の前の被写体の色が上手く出ないことがあります。そんな時、露出を変えて撮影しなければなりません。

また、露出が上手く使えるようになると同じ被写体でも海の中の「青」が映える写真と、海は黒く映って被写体が映える写真と、何をメインにした写真であるのかを使い分けることができます。ただ、いきなり初めての水中撮影でそのようなことを行うのは難しいでしょう。他にもストロボの有無などで全く違った表情を見せてくれる水中写真。普段陸上で撮影しているのとは違った楽しみがあり、こだわり出すと止まらない面白さがあります。

小型ムービーカメラ 激安通販