小型ムービーカメラ

小型ムービーカメラ

小型ムービーカメラ

このページは「デジカメとフィルムカメラの違い 」の情報コンテンツです。
小型ムービーカメラ > デジカメとフィルムカメラの違い

豆知識

デジカメとフィルムカメラの違い

昔からカメラにこだわりをもち続けている方、最近カメラを始めた方。デジカメとフィルムカメラ、どちらをお使いでしょうか?

デジタルカメラ

デジタルカメラの利点としてはやはり写真をデータとして残せる点、カメラについているモニターで撮影結果をその場で確認することができるため撮り直しの必要有無がすぐにわかる、といった点でしょうか。データとして残せるということは、大量に撮影しておいて必要なものだけプリントアウトすることができるため現像コストが必要なくなります。

また、人にデータとして渡すこともインターネットを介してすぐに行えるので非常に便利です。その利点を生かしたサービスとして、結婚式でプロが撮った写真を特定の場所にサムネイル掲載し、参加者が欲しい写真を自分たちで購入する、なんていうものもありますね。

フィルムカメラ

最近ではプロカメラマンもデジカメに移行する方が多い中、あえてフィルムカメラを使う方もまだまだいらっしゃいます。とはいえ、大手カメラメーカーもフィルム一眼の新機種開発を止めているのが実情です。画質の上でデジタルを使わなかった方でも、昨今の技術躍進によってフィルムカメラを超える画質を出すことができるデジカメも多くなりました。

しかし、フィルムカメラにはフィルムカメラにしかない良さがあります。例えばフィルムカメラは適正な保存をしてフィルムの劣化を抑えればデータを長く残しておくことができます。デジカメもデータをしっかりバックしておけば残りますが、パソコンがウイルスにやられた・急に壊れた、なんて言う時にはデータが取り出せなくなることもありますね。また、フィルムそのものを変えることで用途を使い分けることができるフィルムカメラの方が使いやすいという声もあります。

どちらのカメラがおすすめ?

私の身の回りにもフィルムカメラにこだわり続けている人と、デジタルに乗り換えて気軽にいろんなシーンを写真に収めている人がいます。それぞれ、「1枚1枚に真剣さが入る分、良い写真が撮れる」「たくさんの場面、思い出を絵におさめたい」と思いがあって使うカメラを選定していると思います。また、機能面でいえばデジカメはレリーズラグが気になってしまい使いにくいという人もいれば、やはりフィルムは現像代が痛いという人も。こればかりは好みに分かれるポイントですね。

小型ムービーカメラ 激安通販