小型ムービーカメラ

小型ムービーカメラ

小型ムービーカメラ

このページは「HDRでキレイな写真を撮る方法 」の情報コンテンツです。
小型ムービーカメラ > HDRでキレイな写真を撮る方法

豆知識

HDRでキレイな写真を撮る方法

色々な写真を撮っていて、例えば陰になる部分が黒くつぶれてしまって写真として認識できなかったり、逆に光があたっている部分は白く飛んでしまったり。そんな写真になってしまった経験はありませんか?HDRを知ることでもしかすると解決できるかもしれませんね。

HDRとは?

カメラには「露出」「露光」というものがあります。写真というのは光を取り入れて画質として成立しますが、この時の光を取り入れる量や時間で露出(露光)が変わります。例えば、夜空の星を取った写真で、星がまるで線を描くようにスーッと伸びた写真を見たことがあると思います。あれは「長時間露光」という手法を行います。つまり、長い時間光を取りれる(シャッターを開放する)ことで撮影される写真なのです。

露出の違う写真を合わせる

デジタルカメラなどオートで被写体を最適な露出で撮影してくれる場合、例えば大勢の写真を撮影する時に右の方に並んでいる人は建物や樹の陰にはいっているけど、左の方に並んでいる人は太陽の光を浴びている状態で真ん中の人に露出を合わせると、影の中の人は黒く潰れてしまい光の中の人は白く飛んでしまうようなことがあります。

こんな時、HDRを用いると全員の顔がキレイに写真に収められるのです。HDRは露出を変えた複数の写真を用意し、例えば白く飛んでしまった人の顔に対して最適な露出の写真+元々の写真+黒く潰れた人に対して最適な露出の写真を合成することで、暗い所が黒く潰れず明るい場所は白く飛ばない写真猿映画可能になります。

HDR写真を手軽に作る

「複数の露出に合わせた写真を用意して、しかもそれを合成するなんてできない」という声が聞こえてきそうですが、最近では写真加工ソフトもプロでなくても手軽に使えるタイプが出てきている為、撮影後の写真を明るさ補正し、それら写真をやはりソフト上で加工することも容易になりました。また、スマートフォンの中にはカメラ撮影の際に自動的にHDR撮影を行ってくれる機能をもったものもありますので、特に意識することなく白飛び・黒潰れの無い写真撮影ができます。

HDRの注意点

HDR写真の注意点としては、本来は光があたっていた場所や陰になっていた場所もキレイに見えるようになる反面、写真によっては色が薄くなったような印象やコントラストが薄くてはっきりしない写真のように思えることもあります。被写体によっては通常撮影の方がよかった、なんて場合もありますので、すべての場面でHDRが適しているとは限らないことを覚えておきましょう。

小型ムービーカメラ 激安通販