小型ムービーカメラ

小型ムービーカメラ

小型ムービーカメラ

このページは「カメラ三脚の役割と需要 」の情報コンテンツです。
小型ムービーカメラ > カメラ三脚の役割と需要

豆知識

カメラ三脚の役割と需要

カメラに凝り始めてまず購入するのは当然カメラ本体、それからレンズ。撮影する被写体によりますが、2つか3つのレンズを使い分けたいところですね。一応それらが揃えば今すぐにでも撮影に出かけることはできますが、ココであえて「三脚は必須」と言わせて頂きたいと思います。

三脚の活躍シーン

カメラの三脚は何のために使うと思いますか?草木や花を撮影する時に接写を使う風景というよりも花が際立つ良い写真が取れます。ただ、接写の場合は普段以上に手のブレを抑えたいところ。そういう時に三脚があればカメラを完全に固定した状態で撮影が可能となります。大きな緑地公園で三脚片手に写真撮影している方も多くみられますよね。

また、何かのタイミングに合わせて写真を撮影する時にも三脚が活躍します。例えば、自転車レースの写真を撮影する際、コースを先回りしてベストポジションに陣取ったとしても、選手が車でずっとカメラを構えているわけにはいきません。かといって、急に現れた選手のシャッターチャンスを逃したくない!そんな時に三脚があれば、事前にベストポジションでカメラをセットしておいて、選手が来たらすぐにシャッターを切ればOK。連射モードにしていくつもの写真を撮影しておけばなおGOODですね。

リーズ時のブレを無くす

上記のような活用シーン以外でも三脚が必要と言える場面。それはレリーズ時のブレを無くすために三脚を使いましょう。レリーズとはシャッターを切る行為。どうしてもシャッターのボタンを押して、それを離してとなれば指(手)に動きがでるために多少のブレが生じます。しかし、三脚でカメラが固定されていればそんな心配もありませんよね。

用途に合わせた三脚

一言に「三脚」といってもその高さや折り畳みの段数の違いでコンパクトになるかどうかが変わります。一見するとコンパクトな方が良いと思われがちですが、折りたたみ部分が多いということはそれだけ強度に不安があったりすぐに組み立てられる扱いやすさがあります。もし、写真撮影は車の移動や徒歩で行ける近場が多いなら3段の折りたたみの三脚を使い、電車移動で遠くに出向いて写真を撮る機会が多かったり、山に登って写真を撮るような用途では、4段の折りたたみができるコンパクトな三脚の方がおすすめですね。

小型ムービーカメラ 激安通販